タンス預金をするならば金庫は良いものに

タンス

皆さんは今の状態の貯金方法で安心して金融資産を保持していけるとお考えですか?おそらく、多くの方が銀行にさせ預金しておけば必ず保管してくれると思い込んでいるはずです。現状としてはそのような考えを持っていたとしても間違いではありませんが、今後そのような考えは間違いになっていく可能性が高いでしょう。なぜかというと、昨今の低金利によって銀行は個人からの預金によって利益を得ることが難しくなってしまい、預金が少ない個人から口座管理料を請求してくる可能性があるからです。そのような場合、個人の預金は銀行に預けるよりもタンス預金という形で自宅で保管する必要が出てきます。このような可能性があるため、個々人はタンス預金の必要性を考えていかなければならないと言えるでしょう。

さて、そんなタンス預金を行うのであれば必ずといっていいほど設置しなければならないものがあります。それは金庫です。金庫は鍵がかかる頑丈な箱であることから、お金から金塊、そして証券などの書類をどのようなシーンからも守ってくれるものです。
(参考:金庫の暗証番号を忘れました。

たとえ水害があったとしても火事が起こったとしても、泥棒が入ってきたとしても金庫がそれらを守ってくれますのでタンス預金には必須アイテムであると言えるでしょう。そしてタンス預金を行うのであれば、金庫は良いものにするようにしてください。それは金庫のクオリティがタンス預金のクオリティにもつながってくるからです。

金庫の質が悪ければ、簡単に壊れたりピッキングされたりしますので、中に保管しているお金を盗まれるケースが考えられますが、良い金庫の場合はそのリスクを低下させられますのでタンス預金を安心して継続させられます。このような理由からも、タンス預金をするならば金庫も良質なものにしておく必要があるのです。

これからタンス預金はかなり重要視されてきますので、その前に良い金庫を購入できるように準備をしておくと良いでしょう。