古くなった金庫を変えたい時の手順

古くなった金庫

もう古くなってしまった金庫を新しい物に変えたい時、どういった手順で交換すれば一番効率よくできるでしょうか。金庫の中身を金庫外に出しておくのは不安なので、古い金庫を処分してから新しい金庫が来るまで時間をあまり開けたくはありません。しかし、古い金庫を処分する前に新しい金庫が来てしまうと、小さい金庫ではないので正直邪魔になってしまいます。

そういうことをあらゆる観点から検討した結果、やはり最善の手順は「配送」と「回収」をうまく使うということでした。まず、新しい金庫を購入した際には、その場で持って帰ったりするのではなく、できるだけ配送サービスを使います。古い金庫を処分してから新しいのを買いに行くのであればそのまま持ち帰ってもいいですが、その間自宅では金庫の中身が金庫外にあることになるので、購入時点では古い金庫を処分せずにおくのです。
(参考:あなたの大切な財産を守る「金庫」のスペシャリストです。

つまり、古い金庫を維持したまま新しい金庫を購入し、後日都合のいい日時に配送してもらうようにするということです。

それと同時に古い金庫の回収を、回収業者に依頼します。その時間は、新しい金庫が届く日時と同じ日程。できれば、新しい金庫が午前中に届くとしたら、古い金庫の回収はお昼にしてもらうなどですね。

新しい金庫が届いたら古い金庫をどかしてそこに設置し、中身を移します。古い金庫はそのまま玄関先や庭、駐車場などに出しておいて、その日のうちに回収業者に回収してもらうのです。こうすれば古い金庫が邪魔になることもなく新しい金庫を導入でき、なおかつ中身も金庫外に晒されることなく安全です。自宅の構造や金庫を置く場所など、色々な条件によって多少変わるとは思いますが、ぜひ参考にしてみていただければと思います。