金庫の暗証番号、定期的に変えた方が良い?

金庫の番号

私が勤務している会社では、暗証番号式の金庫を使っています。金庫を開錠したいときは6ケタの暗証番号を入力することで、鍵を開けることができるのです。番号さえ覚えていれば鍵を紛失することもなくセキュリティ性が高いと判断して、この金庫を購入したのです。

しかし問題は暗証番号の管理です。暗証番号はしっかりと管理しており、一部の人間しか共有できないことになっていますが、万が一漏れてしまう事を考えるとずっと同じ暗証番号を使うのは危険だという意見が一部から聞かれました。

そこで対策として暗証番号を定期的に変えることにしたのです。こうすることでセキュリティ性を高めることが可能になると思ったのです。

しかし問題は暗証番号をどのように覚えて、管理するかです。一度番号を覚えてしまえば開けるときに番号を思い出すのにそれほど苦労はしませんが、6ケタの番号となると暗記するのも結構難しかったりするのです。

詳しくはこちらの記事へ
→ タンス預金をするならば金庫は良いものに

しかも番号も定期的に変わりますので余計に厄介です。

だからといってわかるような場所に暗証番号をメモしていては意味がありませんので、我が社が考案したのが、メモを金庫に保管すると言う方法です。金庫でも鍵で開錠するタイプの金庫がありますので、それに暗証番号を書いたメモを保管しておくのです必要な時だけその鍵を持ち出して暗証番号を確認して、金庫 鍵開けをできるようにしたのです。

少々面倒くさい方法になりますが、安易に暗証番号が漏れてしまって金庫の中身が盗難に遭うようなことは避けなくてはなりません。そのためにも多少の手間は必要だと思います。